前核期に透明帯を全除去して培養すると発生率向上?!

胚発生不良の症例に対して、前核期に透明帯を全除去して培養すると発生率が向上するという研究が、ミオ・ファティリティ・クリニックさんから報告されたことが、NHKで報道されました。

下記のNHKのサイトで閲覧できます。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200516/k10012432601000.html

ちょっとした解説は「 皆の知識部屋」に投稿したので、ご意見ある方はそちらでお願いします。 

0

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です